本文へスキップ
ホーム 化粧品OEM About 業務一覧 圃場紹介 楽天市場へ Contact
イメージ写真4

弊社の提唱する化粧品レベル

安全とは?
毎日繰り返して使う化粧品はその瞬間の相性だけではなく、肌や健康面への負の蓄積となって将来必ず現れます。日頃から安全を意識して使用する化粧品類を選びたいものです。
ただ、何をもって安全と考えるかが問題で、良い言葉を並べてみても、現在日本には化粧品の「オーガニック」という言葉に何の定義も制約もありません。化粧品に使われる原料についてもメーカー任せでチェック基準もありません。
市販の植物エキスでは安定剤(パラベンやBGなど)キャリーオーバーとして表記義務はありません。すべてメーカーサイドのモラル任せというのが現状で、消費者も何をもって安全かを正しく認識して、必要な情報を得るようにして欲しいと願っています。
弊社は原料の安全性まで辿って、正しい情報を全て提供していきます。
チャート図
植物由来原料の安全性
植物原料では農薬や環境ホルモン汚染が問題ですが、食品におけるオーガニック認定栽培や無農薬栽培履歴を行えば、安全な原料が確保出来ます。(リアル・オーガニックの確認)